別府温泉なら広々とした施設でのんびりワイワイ楽しめるひょうたん温泉

ひょうたん温泉ロゴ ひょうたん温泉電話番号 ひょうたん温泉メニュー

鉄輪を代表するひょうたん温泉の歴史

大正11年から続くひょうたん温泉
展望台

ひょうたん温泉のはじまりは、創業者順作の妻マツを思う"思いやり"から。
大正11年、順作がマツのリウマチを癒す為に温泉を掘り当てたことから始まりました。創業当初、一番最初に作られたのがひょうたんの形をした岩風呂で、この岩風呂は現在も女湯に残っており、多くの人に親しまれています。
昭和2年には、高さ18m・7階建ての展望台"ひょうたん閣"が建てられ、左の写真が当時の様子を写したものです。
このひょうたんの形は順作が豊臣秀吉を好きだったことから由来しています。
秀吉の旗印が千成瓢箪だったことから、ひょうたんの形を作るため、全国各地から曲がった木を集めてまわり、建てられたそうです。既に形は無くなってしまいましたが、当時はハイカラでどこからでも見えたと言われる展望台。
今でもその遊び心は形を変え、家族風呂や中庭に現れています。


「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」
日本初の女性バスガイドにも案内されたひょうたん温泉

鉄輪

「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」という言葉にも象徴されるように、別府は日本一の温泉街です。
この言葉は、油屋熊八に考案されたもので、日本で初めて観光バスに女性バスガイドを乗せて案内させたのも油屋熊八でした。
別府地獄めぐりなど、当時、五七五で案内されていたそうですが、その中にひょうたん温泉も案内されていたのだそうです。

大正時代のひょうたん温泉

ひょうたん温泉は大規模な温泉施設でありながら、今でも昔ながらの雰囲気を残したのどかで素朴な温泉です。

ひょうたん温泉は昔ながらの雰囲気を残したのどかで素朴な温泉です。

とろ〜り、保湿成分の多い
美人の湯としても名高いひょうたん温泉

美人の湯としても名高いひょうたん温泉

鉄輪温泉を代表とするひょうたん温泉が繰り出すいろいろなお風呂

鉄輪温泉

別府には、"別府八湯"と総称される別府・亀川・柴石・鉄輪・明礬・堀田・観海寺・浜脇という個性豊かな8か所の温泉地が点在し、11に分類される泉質のうち、なんと10種類の湯をこの別府八湯で楽しむことができます。
ひょうたん温泉は別府8湯の内の鉄輪を代表する温泉で、地元の方からも観光客の方からも多く親しんでいただいております。


人気で多くの方が来られますが、それにも増して十分な広さがあり、お食事処もありますので、長時間ゆっくり楽しんでいただけます。


温泉分析表 ひょうたん温泉は 循環 加温 加水 投薬 していません。
泉質: ナトリウム-塩化物泉(弱酸性低張性高温泉)
泉温: 源泉 100.4度 pH:3.1 湧出量:500ℓ/min
入浴して効く病気等(浴用適応症): 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、きりきず、やけど、虚弱児童、慢性婦人病、慢性便秘
※飲用すると慢性の消化器疾患に効きます。
入浴してはならない病気等(浴用禁忌病)
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、出血性疾患、高度の貧血、呼吸不全、腎不全、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
分析年月日 平成6年2月22日 大分県衛生環境研究センター


竹を使った冷却装置で100度の熱湯が数秒で47度に
加水をせずに源泉を適温で楽しめるこだわりの温泉を実現しました

鉄輪温泉

温泉を水を入れて冷やしてしまうと、温泉本来の泉質が薄くなってしまうため、ひょうたん温泉では水を入れずに温泉を提供することにこだわり続けてきました。
しかし、ひょうたん温泉の源泉は100℃あるため、それを実現するために、以前は夜9時に閉店をし、「溜め置き」でお湯を冷ましていました。

ところがある日、夜9時以降に来店されて温泉に入れずにがっかりして帰るお客様の姿を見たことで代表の心に火が付き、夜9時以降も開けておくためにどうにかできないかと考え、2年以上かけて、竹を使って100度のお湯を数秒で47度にする冷却装置の発明を考えました。
これが、竹製温泉冷却装置「湯雨竹(ゆめたけ)」です。


温泉の専門家からも太鼓判の泉質を実現する湯雨竹

(株)日本温泉総合研究所 森本卓也

従来の加水による冷却方法は、使用する水質や量により泉質変化や、温泉の本質的な特徴の一つ「還元系」という状態を失わせる懸念がありました。
「竹製温泉冷却装置」は、発生するエイジング(温泉の老化現象)を自然現象で起こる範囲内にとどめ、鮮度に影響を与えることなく、還元系のまま温泉を適温にします。本物志向が強まる昨今、「こだわりの温泉」を適温で提供できることは、何よりの強みです。


  始まりは鎌倉時代と言われる鉄輪温泉

ひょうたん温泉への目印はゆけむり!
  • NHKの21世紀に残したい日本の風景で富士山の次にランクイン!
  • 日本1位の湧出量を誇る別府では、408本のゆけむりが出ており、その大半をひょうたん温泉鉄輪がある鉄輪地区が占めています。
レトロな町並み
  • 歴史ある鉄輪の町・昭和のおもかげを残すレトロな町並みも楽しめます
  • ひょうたん温泉から一歩外に出ると、湯治場として栄えてきた鉄輪のレトロな町並みが広がっており、散歩コースとしてもおすすめです。
肩こりが治りますように〜
  • 鎌倉時代に鉄輪に湯治場を開いたとされる一遍上人の像もあります
  • 一遍上人にお湯をかけて、自分の悪いところが治ると言われています。温泉に入るだけでなく、一遍上人にもお願いしてみてはいかがでしょうか。
鉄輪温泉お散歩MAP

ひょうたん温泉を一歩外に出ると、レトロな町並みが広がり、歩いて見るだけで楽しんでいただけます。
温泉を楽しむ前に少し外に出てみるのもおすすめです。


料金表
入場料
大人 750円
小学生 320円
幼児(4〜6歳) 210円
3歳以下 無料
砂湯ご利用料 330円
<18時以降>
大人 560円
小学生 160円
幼児(4〜6歳) 110円
※お得な回数券もあります
その他の料金
貸しバスタオル 100円
タオル 200円
家族風呂
貸切露天「幕湯 順作」
貸切内湯「マツさんの湯ここち」
基本料金 1時間 2,150円
    (大人3名まで)
追加料金 大人1名 500円
子ども1名 200円
時間延長 30分850円
※ただし、混雑しているときは
お断りする場合がございます
ご予約 「マツさんの湯ここち」のみ
電話予約可能です。
予約専用ダイヤル 0977-67-3010
ご利用の1週間前から予約可能です
車椅子ご利用の場合
1時間30分 2,150円
追加料金は上記と同様です。
ただし、介護者1名は無料。
車いすでご利用の場合は電話予約で受け付けます。
バリアフリータイプ「睦」「土筆」のご利用となります。
ご注意
リンスインシャンプー・ボディーソープは備え付けております。
タオル・せっけんの備え付けはございません。
(販売はいたしております)
車でお越しの場合
別府ICから車で約5分
飛行機でお越しの場合
大分空港からバスで約40分
「別府観光港」下車→タクシーで約10分
電車でお越しの場合
別府駅からバスで約25分
フェリーでお越しの場合
大分空港からバスで約40分
別府国際観光港からタクシーで約10分
ページトップ