湯雨竹ひょうたん温泉
商品構造紹介 オーダーメイド設計 他の冷却装置との比較 湯雨竹施工日記 ネーミングについての秘話 お客様の声 Q&A
 
 
  商品構造紹介  
 
シンプルな構造でありながら、100℃の熱湯が数秒で47℃に
ヒノキの樋 「湯雨竹」大型

下段を末広がり構造にして、水滴を細かくし、滞留時間を長くしています。

(注※)
冷却温度は外気温に影響されます。私どもの実験では、外気温1℃〜52℃(ハウス内)において96℃〜98℃のお湯を17℃〜48.1℃まで冷却することができました。

ヒノキの樋。源泉のお湯をこの樋に入れてあふれさせます。こぼれ出たお湯は竹枝を伝って水滴状に。「物干し型ユニット」は段数を調節することで温度を調節できます。


ひょうたん温泉に設置している「湯雨竹」(大型)のシステム
「湯雨竹」(大型)のシステム

「湯雨竹」(大型)のシステム



渋の湯に設置している「湯雨竹ミニ」のシステム
湯雨竹ミニ
別府市有区営温泉「渋の湯」に設置した「湯雨竹ミニ」。小規模温泉施設用に開発した小型サイズ(縦0.6m×横1.8m×0.4m)ですが、85℃の源泉を60℃に冷却することができ、冷却のための水道使用料のコストダウンが可能になりました。
「湯雨竹ミニ」のシステム

 
 
 
   
 
 
  湯雨竹 ひょうたん温泉